フリーランス一周年【よかったこと編】

フリーランス一周年【よかったこと編】

こんにちは。

きっかけ編、つらかったこと編ときて、今回はフリーランスになってよかったことについてです。
つらかったこと編と同じく、こちらもトップ3に絞って書いていこうと思います。

ありったけ書き出してマウンティングに励むのも悪くないですが、結果反感買うのは上策ではないですからね。
ブログというのはバランスと駆け引き、読者様との高度な頭脳戦なのです。すべては未来の広告収入の為に。

と、冗談はさておき早速第三位の発表です。

徹底的に効率化できる

不要な作業・仕事はバシバシ切っていくことが出来ます。

リーマンの仕事とストレスのおおよそ8割を占めていると思われる社内調整と資料作成。
当然そんなものは存在しないので、関係部門への事前の根回しや会議資料の言い回しや内容に神経をすり減らすこともありません。

始めたばっかりの時は勘所がつかめないので無駄なことも多いですが、だんだんと自分なりの仕組みが出来てくると、思い通りに仕事をデザインできるようになります。

無駄な仕事が無い、というのは思った以上にいいものです。

完全自己裁量労働

裁量労働制とかいう搾取機構がありますが、フリーランスの場合は本来の意味合い通りの完全裁量労働制です。

私もサラリーマン時代は所属していた部署や役職の関係で裁量労働制でしたが、「今日やること終わったんで帰りますね」なんてとても言えませんでしたし、周りを見渡してもそんな人は一人もいませんでした。

悪質な言葉遊びですよ。決して叶わない希望を持たせることほど残酷なことは無いですからね。
圧倒的な立場の差を利用して強者(会社)が弱者(リーマン)をいたぶっているとしか思えません。あまりにサディスティックすぎやしませんか。

そんなわけで、自分のタスクが終わった後も結局仕方なく仕事探したり、気分のらない時は就業時間まで仕事するふりしたりしていましたが、ほんとこの時間が嫌で仕方ありませんでした。

人によっては何もしなくても給料もらえるんだからいいじゃん、って思うかもしれませんが、そして事実その通りなのですが、それでもやはり時間を無駄にしている感覚は少なくとも当時の私には耐えがたいものでした。

一方、今はとにかくやるもやらないも自分次第です。

youtubeで推しのVtuber見ながら仕事しようが、仕事の途中で気が乗らないから水泳に行こうが、昼ご飯の後ちょっと昼寝のつもりが起きたら夕方だろうが、アウトプットの品質さえちゃんとしていればオールオッケー。

誰かの目や評価を気にする必要はありませんし、上司のおべっか使う必要もありません。そもそも同僚も上司もいないですしね。

少なくとも私にとっては求めていた仕事のカタチがフリーランスになることで手に入りました。

とにかく自由

やっぱりこれが一番よかった事だと思います。圧倒的に自由です。

あらゆる面で自由すぎて何を書いたらいいのかわからないくらい自由なのですが、些細なものだと今日はちょっと天気いいから仕事は切り上げるかとか、朝目覚ましかけなくてもいいとか、夜更かしした夜は明日は昼過ぎから仕事するかなとかですね。

大きなものになると思い立って一ヶ月ぐらい海外にいってもネット環境さえあれば問題ないとか、一定期間休みたいから仕事をとるのを中断するとか、これらはこの一年で全て実際に体験したことです。

このような感じで、フリーランスになってよかった事をあげてみましたが、これらトップ3より何よりよかったと思うことがありまして…ん?何ですか?4つ目じゃないかって?

五月蠅いですねぇ…私はフリーランスですよ。自由なんです。朝令暮改なんて朝飯前なんです。

サラリーマンじゃなくても何とかなる

ということで、フリーランスになって一番よかった事は、サラリーマンじゃなくても・一般的な道から外れても何とかなる、ということに気付けたことだと思います。

誇張でもなんでもなく、この発想はなかった、というやつです。
これはほんと人生におけるちょっとした財産になるんじゃないでしょうか。

この一年で失ったものは少なくありませんでしたが、代わりに得られた自分一人でも何とかなるという体験は、サラリーマンの時には一本道にしか見えなかった将来を大きく変えてくれたような気がします。

実際ワクワクすることが少し増えてきたような気もしますしね。

なんて、かっこいいこと言ってみましたが、実のところ何のひねりもないしょぼい仕事をしているだけなので大きな成功は望むべくもないですし、そう遠くない将来に技術が陳腐化しておまんまの食い上げですわ、という日が来ると思います。

ただ、少なくとも今のところは、幸運にもフリーランスという働き方がセミリタイアという生き方にうまくなじんでくれそうな感じではあります。

ということで、フリーランスになってよかった事を書き連ねましたが、いいことと悪いことは表裏一体です。
それぞれのよかった事の後に、ただし…と続けるとしたら、いくらでも書けることありますしね。

そのあたりプラスマイナス踏まえてどうだったのか、ということについては次回の総括として書いてみたいと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ