【Tips】フリーランスの為の補助金のススメ

【Tips】フリーランスの為の補助金のススメ

こんにちは。

皆様お待ちかね、フリーランスおじさんによるフリーランスの為のお得情報のコーナー。今日は「小規模事業者持続化補助金」をご紹介。

詳しくは下記リンクをご確認いただくとして、ざっくりとどんな人が対象になってどう魅力的な補助金なのかについてシェアさせていただきます。

ちなみに、だいたいこういう政府系の説明資料っていうのはやたらボリュームがあるくせに意味が分かり辛いものなのですが、例によってこの補助金の説明資料も分かり辛いので、まずはざっとこの記事を読んでいただいて興味がありそうならリンク先をちゃんと確認する、という風にするとちょっとは手間が省けるかもしれません。

それではまず、この「小規模事業者持続化補助金」ですが、簡単に言うと零細事業者の事業を最大50万円まで支援しますよ、という内容になります。

ただし、誰にでも何にでもというわけではないので、まずは下記諸条件をレッツ確認!

申請対象者

・会社・個人事業主
・従業員数は5~20名以下(業種によって異なる)
・すでに事業を開始していること

とりあえずここに合致していれば、申請できる可能性があります。
ただ一部対象外となる業種もあるので、条件をクリアしてそうな人は下記リンクのP.24をチェケラ!

補助対象事業および経費

さあ!対象になりそうなラッキーガイのみんな!
次は自分がやっている事業と補助を受けたい経費が補助対象かどうかをさっきのリンクのP.30でチェックだYO!

ちなみに、この補助金は他の補助金と違って補助対象がとっても幅広いんだ!
設備投資・車両購入はもちろんの事、看板作ったりチラシを作る広告費や業務で必要な旅費、外注さんの経費なんてのもまかなえるんだZE!

ただ、汎用性の高いもの、例えばパソコンとかルーターとかそういうのはNG。

今ちょっと残念そうな顔をしたそこのあなた!補助金でゲーミングPC買ってネトゲ三昧だぜグへへ…なんてのも全部お見通しだ!

真面目な話、補助金の不正って結構あるらしく、ばれた場合は補助金返還はもちろん事業者名を公開されてしまうので、真面目にやっている事業ならなおさら姑息な事は考えないほうがいいと思います。

零細自営業にとって信用を失うことは事業の死と同義であることをお忘れなく。

補助金額

そして一番重要な補助金の上限は下記の通りだ!

・対象経費の2/3(最大50万円まで)を上限とする

これはつまり、対象経費が75万の場合は国が50万円まで補助してくれるってことだね!安倍さんてば太っ腹!

書類の準備と申請

ここまで読んで自分が対象になりそう、かつ具体的に補助が欲しい経費が頭に思い浮かんだ方は最初のリンクから申請用紙をダウンロードして、すぐに書類作成に取り掛かりましょう。

ちなみに申請期限は6月12日
ただ、申請書類もそんなに難しい内容ではないので、記入例を参照しながらでも数時間あれば何とかなります。

ネットで検索すればもっと詳しく説明しているサイトが山ほどあるはずなので、そちらを参考にしてもいいでしょう。

申請書類が仕上がったら商工会議所に書いてもらわないといけない書類(様式4)をもって、地元の商工会のドアをノックしてください。
書類の準備には何日かかかるらしいですが、今のタイミングならまだ余裕で申請期限に間に合います。

商工会から書類を受け取ったらいよいよ申請です。

なお、採択率(合格率)は年によって違いますが2~6割程度だそうなので、ポストに投函した後は、申請が採択されることを神か仏にでも祈りましょう。


ちっちゃい商売をやっている人ならなんとなくわかると思うんですが、この50万という補助金と2/3という補助率、なんとも使い勝手がいいんですよね。

フリーランスやってると、ちょっと試してみたいアイデアって結構思い浮かぶんですが、コストメリットを考えて二の足を踏んでしまうことがほとんどです。
よく言えばコスト意識が高く、悪く言えば死ぬほどケチになるので。

が、この補助金はそういうかゆいところに手が届くというか、リスクが三分の一になるわけですからね。これほどありがたい話は中々ありません。
死ぬほどケチな私でもいっちょやってみるか!ってな気持ちにもなるわけです。

そんなわけで、セミリタイア系フリーランスという意味不明なカテゴリーのこのブログに真面目なフリーランサーが訪ねてくる確率は絶望的に低いと思いますが、ちょっとした偶然が働いてどこかの誰かにとっての一助になれば幸いです。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ