老後2000万円問題なんてなかった

老後2000万円問題なんてなかった

国「うーん。なんかヤバいから見なかったことにしよう!(そっとじ)」

マスコミ「トランプ!韓国!セクシー!」

国民「やっぱり2000万なんていらんかったんや!(現実逃避)」

って逆に不安なんですけお!!!!

まあ日本よりやばい国なんてゴロゴロあるし、それらの国もなんだかんだで何とかなってるんだろうし大丈夫だろって感じで、私自身は開き直っている部分もあるんですが。

でも、こういう形でうやむやにされるのはなんかもったいないですよね。

色んな事件やニュースや問題が日々起こっていますが、将来がやばい!ってのを自分の事として、身近なものとして感じたのは2000万円問題が初めてだった気がしませんか?

もちろん耳障りのいいニュースではなかったんですが、個々が自分の将来と国の将来をリンクさせて真面目に考えるチャンスだったように思うんですよね。

来春以降に別の報告書がまとめられるらしいのですが、そこでは年金や老後資金不足には触れないことになるそうなので、2000万円問題は今後どんどん風化していくのかもしれません。

ただ、年金や老後が問題を抱えているという事実が無くなるわけではないので、次にこの問題が表出するのは取り返しがつかない局面まで来た時になるんでしょうか。

なんか10年か20年後ぐらいに「2000万円問題。今思えばあれが破滅を回避できる最後のチャンスだったのである…」とか言ってそうですね。

いずれにせよ、一連の国や世間のムーブを見る限りでは自助努力や自衛の重要性が今後益々高くなっていくのは確定的に明らか。

ということは、子供部屋からの脱却もますます困難になるということでは…?

Pond「うーん。なんかヤバいから見なかったことにしよう!(そっとじ)」

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ