#台風だけど出社させた会社

#台風だけど出社させた会社

こんにちは。

台風19号すごいですね。

史上最大とかカテゴリー6とか騒がれてたので、最初はどんなのが来るんだろうワクワクって感じだったんですが、立て続けに避難勧告が出ているのを見ているととても心配になってきました。直撃コースにある地域に大きな被害が出なければいいなと思います。

ところでタイトルですが、ツイッターでトレンド入り。大変盛り上がっています。

すでに、この台風の中出社を決めたいくつかの企業が実名で公開されていて、中には通知の内容まで詳細にアップしているものも。

ちなみに、ブラック企業の代名詞といっても過言ではない某飲食チェーンも当然のごとくリストアップ。

台風で出社できないなんて言うのはね、嘘吐きの言葉なんですよね、わかります。

こんな状況で出社って…て思うのが普通ですし、私もそう思います。身の安全より仕事を優先するなんてどう考えても割に合わないしナンセンスです。

でも、私も会社が来いと言えばおそらく何とかして出社しようとすると思います。というか、リーマン時代実際にそういう事は何回かありましたしね。サラリーマンなら一度や二度は同じような経験してるんじゃないでしょうか。

頭ではわかっているし、理不尽だとも思うんですけどね。でも来いっていわれたししゃーないか…ってなりますよね、確実に。

そんな中で首都圏の電車が早々に運休をアナウンスしたのはグッジョブ!だと思います。こういう大義名分があれば、企業も労働者も休みやすくなりますし。

え?タクシーで来いって言われた?会社負担ならセーフ、自腹ならご愁傷さまです。

とにかく、そのくらい労働者の立場って弱いんですよ。

「こんな状況で出社するなんて出社するほうも悪い」とか「そこまでの価値があるかどうかよく考えて」とか口ではいくらでもきれいごと言えますが、悲しい事に現実はいつもそんなもんなのです。

なので、雇用者である企業側はその辺の労働者側の気持ちを汲んで、休みにするなり特別手当出すなり、せめて何かしら見える形で報いてくれればいいんですけどね。

企業もこういう流れを逆手にとって、労働者を大切にしてるアピールしていけば、低コストでロイヤリティの高い社員を集められると思うんですけど、どうなんでしょうか。

「うちの会社は従業員をこんなに大切にしてくれてる!」とか拡散してくれれば労働力不足なんて即解決なのでは?

と、このブログを書いている間にも、窓の外の雨がかなり強くなってきました。

インフラや医療、警察や消防といったライフラインに直結する仕事で出勤される方も、それ以外の仕事で会社からの要請で出社せざるを得ない方も、安全確認ヨシ!で、どうぞご安全に。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ