老後は月15万もあれば充分OJSN「老後は月15万もあれば充分」

老後は月15万もあれば充分OJSN「老後は月15万もあれば充分」
マイナビニュース
「老後に必要なお金は1億円」って本当?どう準備する?
https://news.mynavi.jp/article/20191027-915143/
「老後資金は1億円!」こんな話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。加えて、2019年6月に金融庁から発表された「市場ワーキング・グループ報告書『高齢社会における資産形成・管理』」では、「老…

こんにちは。

こういう記事を見るたびに、何だかモヤモヤする今日この頃です。(記事のタイトルは煽り気味ですが内容はまともです。)

夫婦二人最低限の生活で月23万!?でも、今でも十万ちょいで生活できそうだしな…みたいな。

モヤモヤの原因わかっていて、前提として語られる金額と実感として感じている金額が大きく乖離しているせいなんですが、老後のことは自分が年老いた時にしかわからないので、もしかしたら若い時には思いもよらなかった費用が発生するのかもしれないとか考えると、もしかして23万は妥当なのか…うーんでもなぁ…(以下ループ)となってしまうのです。

個人的な考えなんですが、家計とかいうとってもプライベートかつ個人差の大きい情報って、やっぱり普通の生活している人の生の声が一番信用できると思うんですよ。

生命保険文化センターがまとめてる老後資金に関する資料なんてケツ拭く紙にもなりゃしねえぜ!!
(一応最新版貼っておきます。ちなみに生命保険文化センターは役員の約半数が大手保険会社の取締役で占められている公平な…おや、誰かきたようだ…)

ということで、このモヤモヤに終止符を打つべく、さっそくグーグルで「60代 家計簿 ブログ」で調べてみました。

そしたらあったんですよ。独身セミリタイアラーにそのまま当てはめられそうな生活をしていらっしゃる高齢者の方のブログが。

単身で生活されているうえに詳細な費目付きの家計簿も公開されています。しかも更新頻度も高いという。まじで素晴らしい。

気になる出費については、去年一年間で約170万円だったようです。月14~15万ですね。二十数万にくらべると全然現実的な数字です。

この金額は一般的に少ないとされるわけですが、じゃあそのお金でどんな生活をされているのかはここでは説明しないので、是非実際にブログを読んでみていただければと思います。ちなみに読み物としても面白いのでオススメですよ!

老後の生活については人それぞれ思い描いている姿があるとは思いますが、この方の生活は消費面でも生活面でも私から見るとかなり理想的です。

普通の生活を普通に楽しんでらっしゃるところもいいですし、さらにブログでその様子を発信する充実した姿には嫉妬すら覚えるんですが…ぐぬぬ…

もちろん我々が高齢者となるときには社会情勢も変わっているでしょうけど、今の時点では統計上の最低限度の生活に必要な金額なんてやっぱりいらないんじゃないの、って思います。誰のものとも知れない数字を気にするより、足るを知るを心掛けたほうがよっぽど健全なんじゃないのって。

ちなみに今の私の老後計画における月の収入は配当3万+年金8万(65歳受給開始)=11万円。足るを知るというか足りないを知っている状況です。

配当を5万までふやすようにリスク資産を買うか受給年齢を2~3年引き下げるか、まだまだ時間はあるのでその時々の状況を見ながら考えていきたいと思います。

もしかしたら世界的株高で資産倍増してるかもしれませんしね。というか倍増しろ。

そんなわけで、月二十数万の収入を確立するのか「老後は月15万もあれば充分」と思えるライフスタイルを確立するかはそれぞれ個人の選択肢となりますが、私は人生の先輩方に倣って後者の道を行きたいと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ