消費税15%時代のセミリタイアを考えてみる

消費税15%時代のセミリタイアを考えてみる

!!

2030年までに消費税15%…

これはオワタ!!セミリタイア大失敗だあああ!!!><

ってなるんですかね?ならないですよね。常識的に考えて。

今は実家に金入れない系男子なんですが、そのうち一人暮らしすることもあろうかと日々必要金額をシミュレーションしております。

結果、今の想定だと社会保険込みで月12~13万円。

そのうち3万円は家賃、2.5万円は社会保険(国民年金・健康保険)とすると、消費税増税の影響をうけるであろう金額はざくっと6.5~7.5万円。

なので5%増税された場合、影響額は3000~4000円程度となります。

決してどうでもいい額とは言いませんが、数千円キャッシュアウトが大きくなったからと言って生活が破綻するとは思えません。足りなきゃ一日バイトでもすればおつりがくるくらいのもんです。

しかも、家賃なんかはこれからさらに下がりそうなニオイがプンプンしてますしね。首都圏は下がらなそうですけど、逆に郊外なんかは価格破壊がくるのは避けられないだろうし、セミリタ的には増税分くらいは帳消しになりそうな環境になってそうじゃないですか。

そんなわけで、消費税増税の可能性を示唆されてわちゃわちゃしてますが、私個人としては別にどうでもいいんじゃんって感じで、文句言う暇があるならいっそ畑でも始めて家計の足しにすることでも考えたほうがマシなんじゃないのとか思ったりします。

なんせ我々は諦観と忍従が特技のミレニアム世代ですからね。

政治や行政に期待するより、上がるもんは上がるんだからしゃーないと受け入れる方を選ぶのが自然だったりするのです。

ただ一点、日本株と日本REITの行方だけはちょっと心配ではあります。

現状、ありとあらゆる面で将来を支える世代を締め上げにかかってるようにしか見えないですからね。

そんな国に未来あるの?と問われた時、ぐぬぬ…でも日本には日本の良さがあるんだし…!みたいな何だかよくわからない答えが返ってきそうな国に投資家が惹かれるかというと、ちょっと厳しいような気がします。

とはいえ、日本株とREITは私の資産の一角を占めているのでジリ下げすると結構つらい。何とか頑張って欲しいです。東芝の量子コンピューターで世界中の株式市場を席捲とか、そういうミラクルでも起こってくれないかな。

いずれにせよ、今回のニュースを含め個人にとってはますます環境が厳しくなりそうなので、消費に依存しない防御力の高いライフスタイルを構築していかないといけないのですが、よく考えてみるとセミリタイアラーってこの条件すでにクリアしてるのでは…?つまり、我々セミリタイアラーは時代の最先端、いわば未来を生きているのでは?そりゃ今はまだ理解されないわけだわ…なんてくだらないことを思ったりしたのでした。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ