プレミアムフライデーなんて無かった。実際に無かった。

プレミアムフライデーなんて無かった。実際に無かった。

こんばんは。

昨日出した値上げ交渉のメール、無事に承諾してもらえてました!

いやーよかった!これでほんの少し収益の安定度が増すことでしょう。

まあメールでは承諾されてても裏では実は切られてるかもしれないので、今後の動向次第なんですけどね。

後は返報性の原理に基づいて、きちんとクオリティ出していくことでこっちからも恩返しすればWin-Win。いずれにせよ良かった良かった。これで気持ちよく仕事できます。

今日はこれだけで充分仕事した気になったので、昼過ぎには仕事切り上げて外をプラプラしてました。なんたって今日はプレミアムフライデーですから。

なんて言ってみたものの、最近ツイッターで見るまではとっくの昔に廃止されてたと思ってました。正直、プレ金って今もやってんのか…って感じですね。

日本国政府(経済産業省)および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりも豊かな生活を推奨するとする個人消費喚起キャンペーン。午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する「働き方改革」と連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年(平成29年)2月24日より実施された

ちなみにこのプレ金、政府と経団連が主導してる時点で死亡フラグビンビンなんですが、想像を裏切らず大爆死しているみたいです。

取引先が稼働している中で自社だけプレミアムフライデーなんであとはよろしくぅ~^^なんて通るわけもなく、当たり前っちゃ当たり前なんですが導入企業も2~3%程度にとどまっているそうです。

私が働いていた会社もプレ金導入していて、管理職からは事前に部員に対して、プレ金だから帰れる者は帰るように!というありがたいお言葉があったんですが、私を含めたほとんどの社員は「帰れるわけ無いだろ(真顔)」みたいな反応でした。

すでに金曜の3時以降も会議入ってるし…てか、これ部長が招集してるんですけど><みたいなギャグのような状況が普通に繰り広げられていたのを覚えています笑

それでも導入初月は上からの指示で一般職の社員のみ退社してましたが、翌月にはプレ金の影も形も無くなってました。

現場の実情はそんなものだったので、蓋を開けてみればプレ金の恩恵にあずかったのは全体の2~3%の会社の中のさらに数%の社員だけだったと思いますね。プレ金の恩恵を一番受けたのはキャンペーンを担当した博報堂なんじゃ?

そんなわけで、なんかよくわからないものが多い政府の施策の中でもダントツで謎企画だったプレ金。

発想は悪くないと思うんですけどね。上手く根付けばQOLも向上しただろうに、つくづくもったいないなと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ