4ヵ年計画を見直してみた

4ヵ年計画を見直してみた

こんにちは。

以前、4ヵ年計画というものを作成したのですが、乖離が大きくなってきたので見直してみました。

↓ちなみにこちらは以前4ヵ年計画を作成した時の記事です。

見直し計画


*株・投信の評価損益は含まない

見直しの原因

今回の見直しの原因は二つ。

一つ目は今年かなり順調にお金が貯まったこと。進捗が一年くらい前倒しになった感じです。
こどおじブーストでモリモリとお金が貯まりました。やはりこどおじこそ最強…セミリタしたい人は皆こどおじになればええんやで…

二つ目は仕事をセーブしたくなってきたこと。
今の仕事は今の仕事として、他のこともちょっとやりたいなって。なので来年はゴリゴリ仕事を取りに行くのではなくて、ある程度の水準を保つことを主眼におこうかと。
こんな風にちょっと立ち止まることが許されるのはフリーの利点かもしれませんね。

なんてわかった風なこと言ってますが、仕事減らすのは簡単ですが増やすのは簡単ではないので、年末くらいにヒイヒイ言ってるかもしれません笑

見直しのポイント

ポイントはただ一つ「貯蓄額を年間180万円から年間120万円へダウンシフトする」です。

旧計画では月15万円貯蓄するという強気の計画でしたが、新計画では月10万円でOKとします。
来年は実家を出て一人暮らしする可能性がでてきたので、思い切ってハードル下げました。

一人暮らしした場合の生活費を14万前後(社保含む)と見積もっているので、月の手残りが24万あればとりあえずクリアという水準ならなんとかなるかな?って感じです。

ちなみに、この手残りを実現するためにうちの利益率的には月30万弱くらいは売り上げないといけないので、ただぼーっと座ってるってわけにはいかないんですが、それなりにのんびりしたペースで働ける水準なんじゃないかと思ってます。

見直しによって期待されること

来年は必要十分な状態というかちょうどいい状態を探る年にできればと思っています。

フリーランスって不安定ってイメージだと思うんですが、実際そうだなと感じていて、例えば1,2か月先くらいであればなんとなく予想はつくんですが、半年先になると「ん~?」って感じで、一年先なんて「!??!?!!?!」ですからね。

だからこそ稼げるときに稼ごうとするわけですし、実際に(上手くはまれば)働けば働いただけ稼げる状態になることもできます。

それがフリーランスの醍醐味でもあり面白いところでもあって、想定外の売り上げになった月なんてやっぱりテンションも上がるんですけど、じゃあそのノリであと数年やれるか?と自問自答すると自分的にはそういうのにちょっとしんどいな、と。

10年前くらいならきっと違ったんでしょうけどね。でも今はキリキリやるより目立たない端っこの方でフワフワと漂っていたいというか。そんな感じなのです。

のらりくらりと一年過ごしてみたらこんな感じになりました!みたいな一年にしたいですね。
それで生活が成り立つのであればヨシ!ですし、ダメならばその次の年にダメな所を補えばちょうどいい位置がきっと見つかるはず。

そんなわけで、上方修正を受けて来期以降を下方修正するという、もし私が上場企業なら株主から袋叩きにあいそうな修正案となりましたが、来年は下限を探る旅の一年と位置付けてやっていこうと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ