働きたくない病が発症しています

働きたくない病が発症しています

ただただ働きたくない。

労働に対するモチベーションがだだ下がっております。

冬だからなのか。冬は鬱的な症状になる人が多いと聞きますし。
でももっと根本的なところで、きっと飽きがきはじめてるんだろうな。薄々感じていたことではありますが。

新しい仕事がゲットできた時、昔なら「よ、よかった!収入が増えるね!やったねPondちゃん!」って感じだったんですが、今はあぁまた同じやり取りと作業が始まるんだな、面倒だな、なんて思ってしまいます。

働くことが嫌なわけではないんですよ。
やり切った時の充実感はリーマンの時もフリーの今も変わらずありますしね。

ただちょっと、責任みたいなものから一度解放されたいという思いがこの頃強くなってきているのです。

他のリタイアラーのブログなんかで責任のあまりなさそうなバイトで食っていっている様を見ると、とても羨ましく思えてしまいます。

フリーランスって責任なさそうに見えるんですが、実際アフィみたいな罠仕掛けて後は獲物がかかるのを待つだけみたいなタイプだとそうなんでしょうけど、私みたいなタイプのフリーランスはお客さんと1対1でやり取りするので、それなりの責任が付きまといます(サラリーマンに比べると遥かに裁量は大きいですが)

仕事ははっきり言って楽です。ヌルゲーといってもいいレベル。
でも労働時間がどうとかそういう話じゃなくて、とにかく仕事とか責任とかそういうのが死ぬほど煩わしく感じられる今日この頃なのです。

何だかんだで社会人になって以降これまで何かしらの責任を背負いながら突っ走ってきたわけで、ここらでちょっと荷物を全部手放して一息つきたいのかもしれません。

とはいえ根がチキンなので、全てを投げ出すような選択ができないところが我ながら情けないというか哀しいところ。今年一年かけて重いと感じない量まで荷物を減らしていくしかないのです。
もっと無責任に、もっと野放図に生きていけるような図太い神経が欲しかった。

一年くらいまっさらなところでプカプカと浮かぶように暮らしたいなぁ。人生の漂白期間みたいな。

こんな事を考えてしまうあたり、多分今の状態はまだ自分にとっての理想のセミリタイアの形ではないんですね。
セミリタイア道、奥が深いぜ。

そんなわけで、心に浮かんだことをそのまま書いたら何かかまってちゃんの日記みたいなみっともないブログになってしまいましたが、まあたまにはいいだろという事で、ここまでお読みいただきどうもありがとうございました。ついでに応援クリックもポチっていただけるなんて誠にありがとうございました。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ