平成最後の記事投稿

平成最後の記事投稿

こんにちは。

「平成最後の〇〇」ブームに便乗して記事数を稼ぐブロガーの屑こと私です。

記事数稼ぎの謗りは甘んじて受け入れる所存ですが、一つ言い訳させてもらえるとしたら、私はこれまでプライベートでは文字にしても画像にしても記録をほとんど残さない人生を送ってきました。友人なんかもお世辞にも多いとは言えないですし。

が、アラフォーにもなると時々過去を振り返りたくなることもあって、そんな時に振り返るきっかけになる触媒的なものが何もないことに気が付いて、それって何かやばくね?まじやばくね?と謎の焦燥感に煽られるままに慌ててブログを書きだした次第で、つまり何が言いたいかというと記事数稼ぎではなくもっとエモいピュアな気持ちで記事を書いているのですよ、わかったらページ下部の投票ボタンをクリックしてください、ということです。

そんなわけで本題ですが、平成とはどんな時代だったか、というテーマは既に語りつくされていると思うので、今更何も言うことはないのですが、総じて「何か微妙だったよねー」的な空気が大勢を占めてるのかな、なんて思っています。

物心ついたあたりから現在に至るまで、人生がほぼほぼ平成によって占められている身にとっては「そ、そうですか…なんかすいません…」という微妙なリアクションしかとれないんですが、高度経済成長期やその頂点であるバブル期を知っている方からすると、やはり落日の気配を感じさせる時代だったんでしょうね。

いつのまにやら失われた30年とか言われてますし、かといって盛り返そうという雰囲気もあまり感じられなかった平成。
でもそれって、猫も杓子も年収!成長!経済!みたいな日本の社会の価値観がちょっと変わりつつある前兆なのかなと思うんですよね。
失われたものや失われつつあるものがたくさんあるのは事実なんでしょうが、実際はただ失われているのではなくて別の何かに置き換わりつつあるような気がします。

一方で私個人としての平成は、義務教育から大学・就職そして現在に至るまでに、それこそ未だに後悔しかないこともあれば、あの時の自分グッジョブ的なことまで、それなりに色々な出来事がありましたが、今こうしてそれなりに生きていけていることを考えると…

うーん、やっぱり駄目ですね。
無理やり平成と絡めて書いてみようと思いましたが、何も思い浮かびません。
あなたにとっての平成とはどんな時代でしたか?って聞かれても、いい時代だったんじゃないですか?というぼんやりした答えしか出来ない、我ながら意識が低い事だと思います。

でも、明日も明後日も日々は続いていきますしね。区切ってもしゃーない、ってのが本音です。

ただ、これから先の未来は、いいか悪いかは別にして大きく変わっていきそうな雰囲気があるのでワクワクします。
2045年にはシンギュラリティとかいうのが到来するらしいので、そこに至るまでとその後の世界の変化は、その変化のスピードもインパクトもこれまでの時代とは比べ物にならない程のものになるのかなと。

個人的にはAI技術の発達でアレクサやSiriみたいなサポートアプリが劇的に進化して、日常的なやり取りができるようになってくれれば独身セミリタイア的にはかなり捗るわぁ…と期待してます。これは割と近い将来実現されると思うのですがどうでしょうね。

そんなわけで、平成最後の記事としては何とも締まらない内容になってしまいましたが、唯一平成のうちに道半ばとはいえセミリタイアという生き方にたどり着けたことは、何だか微妙だった平成という時代に個人としては句読点を打つことができたのかな、なんて思います。

平成最後に始まったセミリタイア生活。次の時代も可能な限りセミリタイア生活を続けていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますということで、平成最後の記事を締めくくらせていただきます。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ