低所得おじさんが激増!その実態は?年収は?将来性は?

低所得おじさんが激増!その実態は?年収は?将来性は?

景気の良さが感じられない世の中で「低所得おじさん」激増していると言われています。
そこで、現在世間を賑わせている「低所得おじさん」について調べてみました。

低所得おじさんの実態は?

低所得おじさんとは40代以上の低所得なおじさんの事を意味するようです。

低所得おじさんの年収は?

低所得おじさんの年収は400万円以下になるそうです。

低所得おじさんの将来性は?

いわゆる非正規労働者や正社員であっても最低賃金レベルしか給料がもらえない周辺的正社員が多くを占めるので、将来性はないようです。

ちなみに、低所得おじさんが何故激増しているかについては、調べてみましたがわかりませんでした。

いかがでしたでしょうか?
ここまでお読みいただきありがとうございました。


ということで、どこぞのトレンドブログのようなタイトルと書き出しにしてみましたが、調べ物をしていて、こういう系のサイトを踏んでしまった時のしてやられた感といったら大変なものです。

特に、最後の最後でよくある「○○について調べてみましたがわかりませんでした」。
じゃあ何でお前記事書いたんや…

そんなわけで、ネットニュースで「低所得おじさん」なる言葉を見かけたので、ちょっと紹介しようと思います。

また日刊SPA!ですか…あなたも懲りませんね。
子供部屋おじさんといい低所得おじさんといい、日刊SPA!はおじさんに何かうらみでもあるんでしょうか。
中の人たちもおじさんなんじゃないかと思うのですが、高度な自虐風ギャグだとしたら大したものです。

さて「低所得おじさん」ですが、その名の通り低所得のおじさんを指す造語のようです。
具体的には40代~50代半ばで年収400万円以下の方は皆まとめて低所得おじさん。

おじさんかつ経済力も無いということで、要はお先真っ暗な層なわけですが、東京だと3~4割くらいの方が低所得おじさんのようなので、相対的に賃金が低くなる地方はもう少し低おじが多いのではないかと思います。

賃金は減少傾向なので、今後は今より低おじが増加するかもしれないですね。
さらに今20代・30代の人たちも、将来的に低おじになる可能性は決して低くないようです。
そうなれば平均的な生活すら難しく、結婚して幸せな家庭を築き子供を育てて孫に囲まれた幸せな老後なんて無理ゲーですね。夢のまた夢です。

と散々不安を煽ったところで、こういった年収系の記事について、そろそろ年収基準で安心感を植え付けたり不安を煽ったりするのはやめませんか、と思います。

なにより、私なんて子供部屋おじさんかつ低所得おじさん予備軍ですからね。
いつ何時日刊SPA!から取材がきてもおかしくないほどの逸材なわけですが、彼らが言うようなどん底人生でもないですし、お先真っ暗とも全く思っていません。

要するにこんなのは気の持ちようなので、私と同世代の低おじもしくは予備軍の方は社会からのマウントに負けず自分なりの満足ポイントを見つけて、お互い楽しく生きて行きましょう。

そもそも、年収=幸せという公式自体に無理がありますよ。
お金があろうがなかろうが、人生がどん底orバラ色かは当人の主観であって、年収1000万でも毎日上司に激ヅメされるくらいなら、低おじで十分という方も多いんじゃないでしょうか。

低おじかつ激ヅメだったらどうする?ですか。
その時は迷わず転職しましょう。労働力を提供してやってるのに精神まで削られるなんて道理に合いませんよ。
割とマジで動いてみれば結構何とかなるものなので、即逃げ推奨です。

いずれにせよ、自分にとっての幸せや充実がなんなのか、どうやったらそれが得られるのかをちゃんと考えなければ、いつまでたってもどこまでいっても隣の芝生が青く見え続けることになってしまうと思います。

何だか熱くなって話がずれずれになってしまいましたが、決して低おじと決め付けられてムキになったわけではありません。決して。

以上、日刊SPA!よ、俺はここにいるぞ!!ということで、心より取材お待ちしております。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ