ジョブ無しおじさん

ジョブ無しおじさん

こんにちは。

またSPA!による新手のおじさんディスか…と思われた方もいるかもしれませんが、残念。今回はITmediaです

先月くらいだったか、経団連のお偉いさんが終身雇用はもう無理って、ちょっとしたニュースになっていましたが、今度は世界のトヨタも終身雇用は難しいと表明しました。

一度「大企業ですら終身雇用じゃない」という免罪符が受け入れられれば、次は日本中の会社で終身雇用制度の取りやめが始まるのは目に見えているので、近い将来これまでになかった規模で首切りの嵐が吹き荒れるのかもしれません。

古き良き日本型社会の終焉、こんな大転換期に立ち会えるなんてラッキーなのかアンラッキーなのかは置いておいて、個人的には台風を家の中から眺めるようなワクワクを感じてしまうのは不謹慎でしょうか。

さておき、終身雇用が無くなる=年功序列の給与制度が無くなる事を意味するので、そうなるとポジションごとに給料や需要が決まるジョブ型の社会になります。

というか、外資系の会社なんかはこのジョブ型の雇用形態とってるところがほとんどなので、進んでいるか遅れているかは別の議論として、世界的に見れば日本の雇用形態の方が特殊なんでしょうね。

そんなジョブ型社会で何が起こるかというと、まずは特筆すべきスキルが無いのに勤続年数が長いからという理由で給料が高かった中高年のサラリーマンはおそらく仕事にあぶれることになり、このあぶれてしまったスキル(ジョブ)の無い人を「ジョブ無しおじさん」と呼ぶようです。

専門性(スキル)が無い仕事というと何となく営業をイメージしてしまいがちですが、AIがますます進出してくるであろうこれからの社会では、下手するとほとんどのデスクワークもスキルとみなされなくなる可能性もあったり。

また、ジョブ型社会では、会社にそのポジションがあるかどうか、そして労働者はそれに見合うスキルを持っているかどうかが重要視されます。

したがって、若さは強力な武器であることは間違いないですが、若いからと言って切られない保証はどこにも無いわけで、俺は大丈夫だろ、なんて思っている人達もうかうかしてられないかもしれません。

そうなれば一億総ジョブ無しおじさん社会の到来です。

厳しいですね。仕事で自己実現!とか甘っちょろいことは言ってられなくなりそうです。

が、そうなったらそうなったで、少なくとも、いい会社に入ることが人生の最大の目的!レールから外れたら終わり!負け組確定!みたいな風潮は無くなるんじゃないでしょうか。

だって、いい会社入ってもそのジョブが無くなれば職か会社変えるしか無いわけなので、昨日までトヨタで働いていた人が今日は居酒屋で包丁握ってるなんてことも珍しくなくなるかもしれないですし。

まあ、個人の経済的にはきっと今より悪くなるので、結婚して子供は二人+マイホームとマイカーを所有、みたいな従来型の人生設計は難しくなるかもしれません。

ただ、それを差し引いてもそのくらいの緩さで回る社会って結構悪くないと個人的には思うんですが、どうなんでしょう。やっぱり受け入れがたいでしょうか?

いずれにせよ、受け入れ難かろうが何だろうが受け入れざるを得ない状況になるのは目に見えているので、そうなったときに慌てないよう、心づもりだけはしておいたほうがよさそうではあります。

というわけで、どうも令和は激動の時代になりそうな臭いがプンプンしますが、一足先にドロップアウトした私としては、滑り込むスキマの多そうな一億総ジョブ無しおじさん社会の方が居心地がよさそうだな、なんて、問題の大きさに全くそぐわないのんきな感想を抱いたところで、締めとさせていただきます。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ