ふるさと納税が還付されました

ふるさと納税が還付されました

こんにちは。

今年の上半期の早期退職者が既に8000人を超えて、2018年の一年分の人数を上回ったそうです。

45歳一次定年社会待ったなし。大企業、一流企業の早期退職者募集は今でこそ大きなニュースになっていますが、後2,3年もしたらニュースにすらならなくなってるんじゃないでしょうか。

終身雇用されることを前提としているであろう中高年のサラリーマンにとっては青天の霹靂で、さらにローンでも組んでいようもんならそれこそ死活問題。

個人的には、45歳で割り増し退職金もらえるとかセミリタイア一直線だな!これぞ神の恵み!としか思えないんですが、ニュース見てると悲惨なストーリーとして語られることがほとんどなので、世の中そんな楽天的ではないんでしょう。

ただ、20代や30代前半の若年層は案外そういう社会に馴染んでいくような気もします。

最初から45で一区切りと分かっていれば、心づもりや金銭含んだ人生設計的にも事前に準備出来るし、人生の中盤で一度リセットできる人生の方が色々と余裕ができていいんじゃないか、なんて思ったり。

とりあえず、会社に見放される=人生オワタ、みたいな極端でナンセンスな認識はどんどん時代遅れなものになっていくんでしょうね。

そんなわけで、というか前置きとは全く脈絡は無いんですが、2年前のふるさと納税の控除分がようやく還付されました。

正確には還付のお知らせが郵送されてきたので、振り込みは2週間後になります。

ずいぶん前なので記憶が曖昧ですが、ふるさと納税した年の年末時点だったか年明け時点だったかに、ふるさと納税した際に住んでいた場所と違う住所に住んでいると、つまり引っ越しした場合ですね、その場合自分で引っ越し先の税務署に自分で修正申告しないと控除されないらしいのです。

なので、通常はふるさと納税の翌年度の住民税・所得税から差っ引かれるはずが、一年遅れてようやく、しかも去年は所得がゼロというかマイナスだったので差っ引かれる住民税が無いため直接還付となりました。

ちなみに遅延利息的なものはついてないかな、なんてちょっと期待していたんですが、そんな甘い話はありませんでした。

まあとにかくようやく返ってくるのでよかったです。

所得税の還付みたいにオンラインで状況確認できなかったのでずっとモヤモヤしていたんですが、旅行前に決着がついてスッキリしました。

気持ち的には棚ぼたでラッキーみたいな感じで金額も10万以上の臨時収入(収入ではないですが)、ということで旅行の予備費用としてパーッと使ってやろうかとも思うんですが、手堅く投資に回すべきだとも思ったりで迷い中です。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ