気が付いたらリスク資産への投資額が大台にのってた!

気が付いたらリスク資産への投資額が大台にのってた!

年末だし資産額のチェックでもするかと思い、銀行口座やら証券口座やらを確認していたんですが、この12月でようやく評価損益を除いた純投資額が1000万を超えていたようです。ようやくここまで積みあがってくれたか…

確か長期出張中だったと思うんですけど、ホテルの部屋でインデックス投資のバイブル「ウォール街のランダムウォーカー」を初めて読んだ時の衝撃。
そこからすぐに月10万円のインデックス積み立て投資を始めてから苦節5年。いや6年だったかな。衝撃受けた割にはあんまり覚えてませんね。

とにかく、そこからチャイナショックやらトランプショックやらブレグジットやら、一時はマイナスになることもありましたが、一括投資の誘惑にも負けず心を無にして淡々と積み立て続けて今日という日を迎えることができました。よく我慢したな自分!

ちなみに1000万の内訳は下図のように色々と口座は分かれているものの、95%が投信で残りが個別(UFJ)。
バートン・マルキール尊師の教えを忠実に守った分散型のアセットとなっています。

それにしても冷静に考えれば結構な額を突っ込んでいるわけで、超長期投資においては今後何回かは大暴落もあるわけで、そうなってくると数百万単位で資産が目減りすることもあるんでしょうね…
そういう時に平静でいられるかどうかは正直わかりませんが、自分が投資をする根拠にしている「人口は増え続ける」「資本主義は続く」という前提が大きく崩れない限りは挫けませんよ。

なお、今後の投資の方針はこれまで通りの「ドルコスト平均法による分散投資」。特に変更はありません。

巷では高配当の個別株が盛り上がっているようで、利回り5%とか6%とか聞くと「お、俺もアルトリアとかアッヴィーとか買っちゃおうかな…」なんて思うんですが、銘柄分析やリスク管理できるような能力も無い自分みたいなのが手を出すと大火傷しそうなので、指を咥えて見るだけにしとこうと思います。

だって、銘柄分析のブログとか見てると「これほんとシロウトか?」みたいなすごいのがゴロゴロいますからね。
リターンの大きさから考えても、あのくらいの知識と熱量があって初めて参加できる世界だと思うんですよ。

そんなわけで、私は私で今まで通り、バカでも儲かると評判のインデックス投資を続けていきます。
来年の年末には純投資額1500万、そして3年後くらいには純投資額2500万に到達。おひとり様セミリタイア用ポートフォリオの完成まではまだまだ遠いですが、こつこつやっていこうと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ