株主優待なんてゴミでしょ

株主優待なんてゴミでしょ

なんて思っていた時期が私にもありました…

ほんとバカ…なぜとりあえずまずは一度やってみなかったのか…

サラリーマン辞めて以降、太い収入減を失ったことで資産運用を真面目に考えるようになったのもあり、スワップのサヤ取りや外貨預金のキャンペーン金利利用、果ては信金への出資など色々自分なりに検討してきたんですが、どれもこれも一長一短というか。

モノによっては短所しかねーじゃねーか!みたいなのもあり、やっぱりネット銀行のしょっぼい預金金利で我慢するしかないか、なんて思ってました。

もちろん優待クロスも知ってはいたんですが、なんだかめんどくさそうな割にリターンもみみっちいな、という印象だったんですよね。

ただ、預金金利もいいとこ0.2%くらい。1000万あずけても20000円…うーん…という感じだったので、まあ最近時間もたっぷりあるし一回やってみるか!ということで、無リスク資産の運用方法として今月産まれて初めて優待クロスに挑戦してみました。

結果から言いますと、冒頭でも言った通り、もっと早くやっておけばよかったの一言です。

まさかこんなに簡単に無リスクで宝の山へアクセスできるなんて…

2020年3月の優待クロス結果

ということで、こちらが今回クロスした銘柄一覧となっております。

合計で25銘柄。楽天で13、SMBC日興で12銘柄という結果になりました。

メインはQUOカードなど現金同等物ですが、JALの優待やオリックスのカタログも今回とってみました。

ちなみに、オリックスのカタログをとったのは両親を優待クロス地獄に引き込むため。
やっぱり現物を見せて「これタダやで!」というのが一番効くはずですからね。ゆくゆくは家族全員でクロスに取り組むことでPond家の資金効率性を改善する狙いであります。

金額的には一部換算が難しいものもありますが、おおよそで5万円くらいは拾えたと思っていて、クロスにかかった費用を差っ引いても4.5万円くらいになりそうです。

まさにチリツモ…

反省点としては、最初楽天とSBIしか口座が無く、SMBC日興の口座を開設したのが後半戦だったためかなり争奪戦に出遅れた感があったのですが、それでもこれだけとれたので、次回はもう少し効率よくいけるのではないかと思っています。

必要資金はどうだったか?

今回は暴落の中での優待クロスで、おそらく通常より資金が少なくすんでいるという前提ですが、現物買いで約550万円だったので、信用売り分を考えると650~700万くらいあれば充分かな、という感じです。

ただ、今回はJALのような大物も含まれているので、そういった銘柄は後回しにして細かく拾っていけばもっと資金効率上げられそうです。

QUOカード系を拾い切って、それでも余力が残っていればJAL、ANAに突っ込む感じがいいのかな?ゆくゆくは一人暮らししているとしたら、米とかノリとか食品もアリかな?その辺はまだ要検討ではあります。

優待クロスの為に1000万近くキャッシュで持っていることの是非もありますしね。

私の場合は、最終的にリスク資産:無リスク資産=8:2 or 9:1くらいになる予定なので、それまでは有り金全部、組み換え完了後は手元資金の範囲で、という運用になりそう。

セミリタイアに活かせるのか?

これは間違いなくYes!

半期と期末の大型優待月以外の月も丁寧に拾っていけば、500万程度元手があれば10万くらい利益が出せそうなのではないでしょうか。
500万で10万なら、利回りにして2%ですからね。しかもノーリスク(ですよね?)。これはつよい。

さらに、大した労力もかからず自己完結できるということで、セミリタにはうってつけの収入源になりそうです。

配当で35万、優待クロスで10万あれば残り100万くらいならバイトでも何でも楽勝で達成できるわけで、優待クロスのおかげでサステナブルなセミリタ生活の実現がまた一歩近づきました。

リスクとしては優待制度自体が無くなることですが、日ごろガラパゴスガラパゴスとバカにされても一向に変わる様子の無い我らが日の国ですから、まあ大丈夫でしょう。知らないですが。

ということで、今月は暴落に巻き込まれマイPFは散々ではありましたが、新たな資金源の確保もできたのでヨシ!
4月の優待しょぼしょぼですが、色々と銘柄を吟味しながら今後も続けていきたいと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ