レバはやめよう。自戒を込めて

レバはやめよう。自戒を込めて

もう一度言う。レバはやめろ。

ツイッターでの出来事ですが、日経先物で一撃7000万、累計で1.8億やられて退場している人がいました。

まじで背筋が凍るんですが…

退職金で投資して大損!とかネットニュースでもよく見ますが、ああいうのってなんか嘘くさい。
皆が見聞きしたがってることを書いてる感じがして、はいはいフェイクニュースフェイクニュースって感じなんですが、ツイッターだとやけにリアルというか…

儲かってます!うぇーい!秘訣はこちらをクリック!とかならアフィおつで終わりなんですけど、爆死報告とか嘘つく意味も得もないですしね。
損益のスクショも載っていたので多分本当の事なんでしょう。

しかし怖すぎる。

やっぱりレバは投資であって投資じゃないというか。
例えて言うならば、同じクルマだけど軽自動車とF1みたいに似て非なるものというか。

しかもゴミ一つ落ちてない整備されたサーキットと違って、通行人はいるわ信号はあるわ下手すりゃプリウスロケットが突っ込んでくるような公道を300キロでぶっ飛ばすようなもんだよね。そら不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまうわ…

個別株大儲けした!とか先物やFXで○○万円プラスでした!とか日々目に入ってくるんですけど、でもってやっぱりそういうのを見ると羨ましくてついつい自分も…って思いがちなんですけど、やっぱり指数に投資するのとは何となく似ているように見えて実は各々全然違う方法論と時間軸でやってるんだってことを肝に銘じようと思ったのですよ。

ちなみに、今買い付けてるSPYDとかVYMといったETFは厳密には指数じゃないんですけどね。まあそれなりに分散が効いた指数ライクなものですし、TECLも、まあ、ほら…ゼロ以下にはならないし…一説によるとディフェンシブとまで言われるくらいですし…?

何が言いたいかというと、儲かった!という結果だけ見てしまうと、実はすごくイージーなんじゃないか?自分でもやれるんじゃないか?って勘違いしそうになることもあるんですが、やっぱりまったくもってそんなはずも無く、マーケットは極めて無慈悲だって事を忘れちゃいかんな、と思った次第です。

にしても1.8億円か…

この人はショートで焼かれたらしいんですが、このコロナの狂乱相場は売りも買いも飲み込んでどこまでいくんでしょうね。

そんな中で私に出来ることは相場を読む事ではなくて月に一回機械的に買い付ける事のみ。
振り落とされないように冷静に淡々と自分の方針を貫いていきたいと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ