セミリタイア5か月目になりました

セミリタイア5か月目になりました

こんにちは。

いきなり関係ない話ですが、ろくにつぶやいていないTwitter、セミリタイアでキーワード検索すると思ったよりたくさんのツイートされてるんですね。

セミリタした人、セミリタを目指す人、セミリタした人を目の敵にする人、色々な人が色々な事をツイートしてて見てて飽きません。
朝起きてとりあえずセミリタイア関連のツイート見るのが日課みたいになってます。これがツイ廃というやつか…

ちなみに中身はどちらかというとアグレッシブな闇鍋状態ですので、箸をつける際はご注意ください。

ここからは本題ですが、セミリタイア宣言をしてから5ヶ月が経過しました。
絶賛海外ロングステイ中、という以外にはこれと言って特筆すべきこともない今日この頃。

リーマン⇒個人事業主⇒セミリタ宣言という風に、サラリーマン卒業してセミリタしました!みたいな綺麗な区切りがないので、「セミリタって言ったらセミリタなの!」みたいな言ったもん勝ちというか、なし崩し的というか、とにかく4月から始まったセミリタ生活。

当初は頭ではわかっていても気持ちがついていかないというか、変な焦りというか、正直無理やりセミリタしてる感があったんですが、仕事の量・労働時間を意識的にコントロールしたり、リーマンではできない時間の使い方をしてみたりと、そんなことを試している間に何となくようやく気持ちが追い付いてきた感があります。

あとはやっぱり仕事の面で、「ま、(収入や労働強度的な意味で)これくらいでいいやろ!」っていう落としどころみたいなものが朧気ながら見えてきたことも大きいです。

業界や技術が激変しない限りは、自分の考えるセミリタイアの条件は満たし続けることが出来そう、っていうのは精神衛生上よきもので、よくセミリタイア検討中のリーマンの方々がこぼしている、給料半分になってもいいから時短もしくは週3労働がいいな…みたいな環境を四苦八苦しつつもゲットできたのは幸運でした。

セミリタ宣言から5ヶ月、ここに至るまでの期間として長いのか短いのわかりませんが、ようやく今は結構精神的にいい状態になれてるのかな、と思うので高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に6か月目を過ごしていこうと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ