ゆとりある老後資金について思うこと

ゆとりある老後資金について思うこと

こんにちは。

ゆとりある老後を送るために必要な貯金はいくらか?はたまた、ゆとりある老後を送るために月いくら必要か?こういうのよく話題になっています。
ちなみに、貯金は65歳時点で4,100万円、月の生活費は夫婦二人で35万円、これがゆとりある老後の条件だそうです。

この数字見て自分は将来足りないんじゃないか、と不安にならない人の方が少ないと思うのですが、実際今から貯蓄しておかないと惨めな老後になってしまうかもしれません。
とはいえ貯金はほとんど利子もつかないし、投資は怖いですよね。リーマンショックみたいなのがまた来るかもしれないし。

でも、自分の為に保険を使って積み立てなり生命保険なりをかけておけば万一何かあった場合でも残された家族は安心だし、貯蓄性の保険なら知らない間に使ってしまう心配もないし、銀行に預けておくよりは有利かもしれないし、プロが運用してくれますしね。あと、何たって皆保険に入ってるので、やっぱり自分も入っておいたほうがいいと思うんですよね。

あ、そういえば、ゆとりある老後の為の資金に関する報告は、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供している生命保険文化センターによるものです。
なお、組織図を見てみると生命保険文化センターの評議員と役員は生命保険各社の役員が占めています。
それから、保険会社の年収は年収が高い金融セクターの中でも上位クラスで、その人たちの給料は加入者の保険料で賄われています。

ここで自分の周りをちょっと見渡してみると、うちは老いた両親がいますが、既に物欲はほとんどなくもちろん月に35万も使っていませんが、端から見る分には十分すぎるほどゆとりのある老後を送っているように見えます。

ここから導き出される答え、つまりこの数字は保険会社の陰謀です。インシュランスカンパニー許すまじ。

と、くだらない前置きですが、ゆとりある老後の為の資金に関する記事を見て、数字の出どころの生命保険文化センターを調べてみたら保険会社の宣伝塔で、これはひどいマッチポンプですね、ということでブログに書いてみた次第です。
何が言いたいかというと金融の知識と自分の尺度って大事だなと常々思うんですよね。この二つが無いとケツの毛まで毟られるのがサバンナ(現代社会)の日常。

ちなみに、私は老後についてはあんまり心配していません。
それなりに備えはしていきますが、お金が尽きたら尽きたなりの生活をすればいいわけですし、尽きる兆候が見えた時点で未来の自分は何らかの対策を取るだろうと考えてるからです。
それで、本当ににっちもさっちもいかなくなったら、そこが寿命なんです、きっと。

そのうち逃げ切り計算機の計算結果なんかも公開しようと思いますが、計算の結果老後を迎える前に資金が尽きていないことを祈りたいと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ