お金と幸せとセミリタイア

お金と幸せとセミリタイア

お金がありすぎると不幸になる。それはほんとうか?ほんとにほんとなのか?

この記事を書いた方は運用アドバイザリーの会社を経営しているらしいので、きっとお金持ち。
そのお金持ちが言うんだから多分実際にそう感じているのだと思います。

でも、資産運用のアドバイザリーって、客は飢えたオオカミみたいなぎらついた眼をした守銭奴ばっかりなんじゃ。

そういう人達に資産運用を勧めてなんぼの商売だと思うんですが。まさか相談に来た客に「お客さん。これ以上お金持つと不幸になりますよ!」なんて言わないでしょうし。

なんとなく、おまいう感が無くも無いですが、セミリタイアにおけるお金と幸せの関係性ってどうなんだろう、とちょっと考えてみました。

お金に関する価値観や資産額には当然個人差がある前提ですが、資産2000万程度の限界セミリタイア的な目線で言うと、お金があると不幸になるっていうのは正直わかりません。残念なことにお金がある不幸よりお金がない不幸の方が現状ずっと身近です。

ただ、ありすぎて不幸になるかどうかは置いておいて、ありすぎても幸せにはならない、というのは感覚的にちょっとわかるような気がするんですよね。

無い奴が言うほど虚しい事は無いんですが、別に強がってるわけじゃないんですよ。い、いや、ほんとに!
必要以上にはいらないんじゃないの?っていう感覚なら何となくわかるんですよ。

でも、セミリタイアにおいてはその必要額についての明確な答えが無いのがくせ者で、ここは個々の家族構成や生活スタイルによってかなり差があるんでしょうね。

それこそ、0円で充分という過激派から1億あっても足りないという慎重派まで。さすがにセミリタに1億は、それが本当なら誰も目指さなくなるんじゃないのって感じはしますが。

ちなみに、独身かつ結婚予定無しの私の場合は、運用に回す金額や労働から得られるであろう収益を考えると資産3000万がメドになると思っています。

まあそれに届かない額でサラリーマンを卒業してしまったので、今もシコシコとコーディングしてお賃金にハァハァせざるを得ないわけですが…これは自業自得としか言いようがないです。

3000万までいけばそこから得られる安心感という幸せが頭打ちになりそうなのと、そこからさらに増やすためにシコシコ出来るかというと、ちょっと厳しいかなって。

3000万が3100万になるために頑張れるかというと、おそらく頑張らない方を選ぶと思うんですよね。記事にあった「限界効用逓減の法則」が発動するのか、それよりは好きな事やってた方がいいやろ!ってなると思います。

そんなわけで、私のセミリタイアにおいては残念ながらお金がありすぎて不幸になるという不幸なんだか幸せなんだかわからない悩みを心配する必要は無さそうです。

が、その代わり自分が不幸にならないであろう金額をしっかり定めておけば、資産残高に振り回されることの無いお金と幸せのバランスが取れたセミリタイア生活を送れるのではないかと思います。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ