4ヵ年計画を作ってみた

4ヵ年計画を作ってみた

こんにちは。

フリーランスとして仕事をしているとON/OFFの切り替えが曖昧になりがちです。
休もうと思えばいつだって休めますし、逆に働こうと思えばいくらでも働くことができます(仕事があれば、ですが)。

休みと仕事、どちらの比重が大きくなるかは人それぞれですが、どちらかというと仕事のあるうちは働けるだけ働いてしまう、稼げるうちに稼いでおこう、という人が多いのではないかと思います。

だって、いつ仕事が無くなるかわからないですからね。
仕事が無くなる=収入が途絶える、これはサラリーマンではおそらく味わえない恐怖です。

私も一年目はとにかくがむしゃらにやってきたので、下手すると労働時間はリーマン時代と変わらないかもしれません。
もちろん、そのおかげで1年生としては色々な経験ができ技術も飛躍的にアップしたと思いますし、なにより収入や顧客の基盤もそれなりに構築できました。
お金という有形資産だけではなく、経験や技術といった無形資産を得られたのはとても大きいです。

でも、やっぱりしんどいんですよね。ほどほどでいいのです。
ただ、頭ではわかっていても、その時々では先々の不安からついつい限界まで仕事をしてしまう、というのはフリーランスあるあるなんじゃないでしょうか。

そんな訳で、このラインさえクリアしてたらいいじゃない、という基準を設けるために今後4ヵ年の数値計画を作ってみました。

フリーランス系子供部屋おじさんの4ヵ年計画

ざっくりですが、まずは4年後に無リスク資産:リスク資産=2:8となるよう、こんな感じで資産のポートフォリオを構築していこうと思います。
そのためのポイントは下記の3点です。

毎月の最終利益(事業利益ー生活費)は12万円

単純に考えても今の仕事量の半分以下で達成できる水準なので、全く問題ないはずです。
なんといっても子供部屋おじさんの生活費は安上がりですしね。
最終利益が12万円を超えた場合、余剰分は前倒しでETF積み立てに回します。

ETFは毎月21万円分購入して4年後に1,000万円

一括でぶっこみたいところなのですが、私のメンタルは控えめに言って脆弱です。
仮に一時的であってもドローダウンが大きくなって精神の平穏を乱されたら何のためのセミリタイアかわからないので、ドルコスで積み立てます。
四年後には年間30万程度の配当を生み出してくれる金の卵を産む鶏になっているはずです。

NISA、iDeCoは満額(毎月10万円)積み立てる

これは5年前から続けている毎月10万円積み立てなので、4ヵ年計画終了後も可能な限り続けていきます。


ぶっちゃけ、重要なのは「毎月12万円の最終利益で問題ない」という部分だけだと思っていて、このラインを意識していけば、日々の売り上げに一喜一憂する日々から解放される日も遠くないはずです。

すぐには無理かもしれませんが、徐々に意識をダウンシフトできればと思っています。

読者様の清きワンクリックがセミリタイア生活を支えています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ